クレンジング 注意点

忙しい女性が心がけたい日頃のスキンケア

当サイトでご紹介したクレンジング剤を適切に使いこなすことで40代の女性が抱える肌や毛穴の悩みから解放されることが可能になっています。

 

それでも、ここではもう少しだけ毛穴トラブルにつながる角栓や黒ずみを作らないよう、日頃から気をつけておきたいスキンケアのポイントをピックアップしてみました。

 

1.あぶらとり紙を多用しない

よく人前でも平気で何度もあぶらとり紙で額や鼻周りに使っている女性を見かけますが、あまり使い過ぎない方が良いのです。

 

エチケットとしても欠かせない行為ではあるものの、習慣的に何かというとあぶらとり紙を気になる部分に押し付けてばかりいると、皮脂を取りすぎてしまい、かえって皮脂の分泌が増えてしまうためです。

 

そうなると、今度は角質や余分な皮脂が酸化してしまうことで、黒ずみの原因になってしまうんですね。特に40代の女性にとっては怖い結果を招きかねませんので要注意ですね。

 

ですので、お肌がちょっと油っぽいと感じたなら、ティッシュを軽くあてがう程度でも十分テカリを抑えることができるので、あまり神経質にならないようにすると良いですよ。

 

 

2.常にお肌の乾燥に気を配るように

 

湿度の高い夏場であっても、エアコンの効いた室内は随分と乾燥しているものです。

 

さらに、屋外で紫外線を大量に浴びてしまうと、当然のように肌の毛穴は開いてしまいます。

そうなると、今度はその緊急事態に対応するべく皮脂の分泌を強めていきますので、本来必要な分量以上に皮脂があふれ出て酸化することで、黒ずみが発生することにもなりかねません。

 

ですので、強すぎるクレンジング剤やせっけんでゴシゴシ洗いをしてさらに乾燥を助長するようなことは絶対に避けましょう。

 

年代に関係なく注意したいことですが、特にお肌の衰えが目立ってくる40代は美容成分やうるおい成分の入ったクレンジング剤などを、意識的に選んで使うように心がけるのが乾燥からお肌を守るコツになります。

 

 

3.毛穴パック(鼻パック)の使い過ぎはNG

 

主に鼻のあたまや小鼻周りに塗ったり・貼ったりして、それをはがすことで毛穴に詰まった角栓を一気に取ってしまう、そんな毛穴パックを使ったことがある人は多いのではないでしょうか。

 

確かに根こそぎ角栓が取れたのを見ると気持ちまでスッキリするものですが、かと言って週に2度も3度も使うのは良いことではありません。

 

何故かというと、場合によってははがす必要の無い毛穴周りの皮膚まで取れてしまって、炎症を起こしたり色素沈着の原因になってしまうこともあるからなんです。

 

特に30代以上の女性であれば、若い頃よりも肌の油分も水分も少なくなっているため、適度な使用頻度をわきまえて大掃除感覚で使っていくのがオススメになります。

関連ページ

クレンジングでやってしまいがちな厳禁行為
今一番おすすめできる人気のクレンジングバームをランキング形式でご紹介します。気になる毛穴の汚れを人気のクレンジングバームでケアしたい方必見!